古代にルーツがある方法

リン酸処理は主に工業の分野で使用される方法で、金属の表面をコーティングすることができます。文字通りリン酸の性質を持った溶液を使用し、金属の表面に化学反応を起こすことで膜を作り上げる形です。そして基本的な部分は同じですが、使用する溶液はリン酸鉄やリン酸マンガンなど複数あり、使用する環境に合わせた選択が可能です。そんなリン酸処理は古代エジプトでも行われていた記録があり、それが現代の実用化の元となっています。その実用化の歴史も長く、1900年代前半にはすでに多くの分野で活用されました。昔ながらの方法ですが、21世紀に入ってからも多くの分野で活用されています。その理由としては、使い道が幅広いことが挙げられます。

様々なメリットがある

リン酸処理にはいくつかのメリットがあり、ひとつが錆を防止する働きです。化学反応によって作られたリン酸塩の膜が錆に強いため、内側の部分を守ることができるというわけです。その膜は密度の高い結晶なので、金属としっかり結びつきます。その性質を活かして、塗装を施す際の下地としても用いられます。また塗装を施さなくても、リン酸処理を終えた段階で、金属は重厚感のある渋い色になります。そのため保護性能を高めると共に見た目を良くするという、一石二鳥の目的で使用されることも珍しくはありません。さらには油との相性が良いという特徴もあるため、力を加えて金属を加工する際に、潤滑剤の働きをサポートするという目的でも用いられます。

リン酸処理は溶融亜鉛メッキをしたスチール製品を美しくする技術です。金属の表面に、化学的に薄い皮膜を作ることで調整しています。

Best Places To Buy Glasses
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031