製造過程で発生した泡を消す

消泡剤という名前は聞いたことがあるものの、実際にはどんな働きをしているのかを知らないという人もいるのではないでしょうか。消泡剤はその名前の通り、泡の発生を防ぐことや、すでに発生した泡を消すための添加物です。これは製造段階で泡が発生すると困る場合に使われています。泡が発生することで製造効率が落ちることや、製品の品質が劣化するのを防ぐ効果があります。どのような場面で使われているのかも気になるところですが、身近なところでは日本の食卓でおなじみの豆腐を製造する場面で使われています。まず、豆腐を作るときには大豆を煮ますが、大豆を煮ると大豆サポニンの作用で泡が発生します。泡があると食感が悪くなるので、滑らかで美味しい豆腐を作るためには消泡剤は欠かせない存在です。

見た目を良くする目的でも使われる

消泡剤は、食感が良く美味しい豆腐作りに役立つことはもちろん、見た目を良くする役割も持っています。豆腐が気泡だらけになると見た目も美味しそうに見えませんし、日持ちが悪くなるというデメリットもあります。そして、製造段階で泡を放置しているとどんどん泡が増え、吹きこぼれにもつながり、製造効率も悪くなってしまいます。腐りにくく、日持ちする豆腐を作る意味でも、製造効率を高めるためにもなくてはならない存在です。食品に使われているとなると体への影響も気になってきますが、食品の製造に使われている消泡剤は安全性に優れたものが選ばれています。消泡剤にも色々な種類がありますが、豆腐の製造に使われるのはシリコーン系が多くなっています。

豆腐は、原材料の中に消泡剤が含まれていますが、製造工程で豆乳が泡立つのを防止するために使用されています。

Best Places To Buy Glasses
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031