白熱電球とLEDの違いを知る

手軽な照明として長らく使われてきたのが白熱電球です。電球のソケットがある部分に差し込むだけで使え一個当たりの価格が安いのもメリットでした。白熱電球に対してはLED電球がメリットがあるとして利用が進んでいて変更を検討している人も多いでしょう。まず電気料金ですがLED電球は白熱電球に比べて電気代がかかりにくくなっています。同じ明るさをより少ない電気で得られるためでしょう。さらに白熱電球に比べて寿命が長いのもメリットで交換の手間を少なくできます。

今のところLED電球の値段がかなり高いためその部分で白熱電球で迷う人もいるようですが、電気料金も含めて考えると本体が高くてもLED電球を使った方がお得になるときもあります。となると交換の手間が少ないLED電球の方が使い勝手が良いとなるでしょう。

蛍光灯とLEDにどんな違いがあるか

リビングの照明などによく使われていたのが蛍光灯タイプで、円形のものであったり円筒形のものがあります。最近は蛍光灯を交換するタイプの照明器具が家電量販店でも少なくなりほとんどがLEDを使うものになっています。蛍光灯とLEDにおいては実は電気料金の面ではあまり差はありません。寿命に関してはLEDの方が長いため、となると安い蛍光灯か寿命が長いLEDかになるでしょう。蛍光灯タイプの照明器具は蛍光灯部分を取り換えて使えますが、LEDを使った照明器具は基本的には丸ごと買い替えなければいけません。LEDの照明器具に関しては長いものだと10年近くの寿命があるとされているので、それを考えると蛍光灯を交換するタイプと総コストでは大きな差はないのでしょう。

LEDライトパネルは明るくて省エネである特徴があります。広告や宣伝に活用すると視認性がよいしきめ細かい表示も可能となります。

Best Places To Buy Glasses
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031